大学受験塾へ行くべきか悩んだ時 親が考えるべきポイント | 大学受験は団体戦

大学受験塾へ行くべきか悩んだ時 親が考えるべきポイント

こちらのブログはアフィリエイト広告を利用しています

大学受験、希望校に受かるためには自宅学習だけで大丈夫だろうかと不安な親御さんに

塾へ行くメリットデメリットをお伝えし、余計な時間とお金を費やさなくていいことを知ってもらえたらいいなと思います。

スポンサーリンク

大学受験 塾へ行くべき?

大学受験のために塾へ行くべきかどうかは・・・ズバリ本人が行きたいと思うかどうかです。

親ばかりがあせって通塾を勧めたところで、本人が「自宅学習で大丈夫」というなら無理に行く必要はないでしょう。

大学受験 塾へ通うメリット3つ

大学受験をする方にとって塾へ通うメリットは多い。

一番大きなメリットは希望する大学の受験対策が得られることです。

 

希望する大学の受験対策・情報が得られる

塾は大学受験のプロです。

出題傾向を知っているので、大学別に時間をかけて解くべき問題、暗記問題を教えてもらえます。時間に限りがある試験の中で問題の解く順番など、受験対策を知っているのと知らないのとでは、気持ちの余裕に差がでます。

 

同じ大学を目指す仲間と切磋琢磨できる

目指す大学は違えど希望校に受かるために集まった受験生どうし、やる気が出ることでしょう。

 

学習習慣がつく

家での学習だとTVやYouTube、家庭環境により勉強に集中できない日があるかもしれません。けれど塾へ行くとまわりはみんな静かにペンを走らせている。

その気はなくても自然と目の前の課題に取り組むことであなたの学力は上がっていくことになります。

 

大学受験 塾へ通うデメリット

大学受験のために塾へ通った時のデメリットをお伝えします。

通塾に時間がかかる

自宅からほんの数分の場所に塾があればいいのですが、たいていは通塾に時間がとられることでしょう。冬場になると塾へ通う道中や、開始時間の待ち時間に風邪をひいてしまうことも考えられます。

塾代がかかる

一番大きなデメリットかもしれません。

進学塾になればなるほど、担当講師の実績が大きれば大きいほど塾代がかかってきます。

塾での課題に時間がかかり勉強意欲を失うことも

塾でも課題が出されることでしょう。

帰宅してから学校の課題、塾の課題をして、寝るのはいつも夜中の2時3時。

課題をするのに手いっぱいになるようなら、通塾は見直す方が良いでしょう。

 

大学受験 塾へ行くべきか悩んだ時親が考えるポイント・まとめ

大学受験 塾へ行くべきか悩んだ時親が考える一番のポイントは

本人に塾へ行く気持ちがあるかどうかです。

「自宅学習で大丈夫」と子供が言うならひとまず信じてみましょう。

そして「冬期講習だけ受けたい」と言ってきたときにはすぐに対応できるよう情報収集しておきたいですね。

 

Loading

コメント

タイトルとURLをコピーしました