国民年金保険料滞納・特別催告状が届いたら無視しないで、免除申請してみよう

投稿者: | 2018年10月13日
あまのっち
あまのっち
国民年金を滞納していたら
特別催告状が届きました
どうしたらいい?

税金を納めるのは国民の義務

分かってはいるけど収入が減ってなかなか支払えない。

特別催告状が届いたあなたがすることをお伝えします。

特別催告状(黄色の封筒)とは?

「ずーと国民年金支払ってないよね。

今までは多めに見てあげたけど

国の方針も変わったので、ビシバシ取り立てるわよ!!」

という意味あいの

ちょっと怖い案内状になります

 

特別催告状の色

取り立てがやさしい順に

青色⇒黄色⇒ピンク色になります

ピンクは取り立て内容がもっと怖いらしい

ピンク色の封筒は、もらっていないので分かりません

 

我が家にも当然、以前に青色の封筒が届いていて

その時は

「こんなんハッタリやろ、強制能力ないやろからほっとこ」

何の根拠もなく、封を開けもせずほったらかしていました

 

けれど、今回、黄色の封筒・・・

イエローカードじゃないけど

なんか危険を察して封を開けました

 

これ、ヤバいんじゃない?

 

下記の納付状況に記載された国民年金未納保険料を

期限までに全額納付してください。

納付されない場合は、法に定める滞納処分(強制徴収)を

開始することになり、・・・・・・

あなただけでなく連帯納付義務者であるあなたの

配偶者や世帯主の財産が差し押さえられます

 

こんな文章、今まで見たことない

 

不安だわ

 

 

すぐに何とかしなければ、子供が大学進学できなくなる・・・

 

 

先週金曜日の夕方に封筒が届く

すぐに年金事務所に電話したかったけど

受付時間外

(受け付けは平日9時から17時まで)

連休明けに仕事の合間をみては

電話した。

が、つながらない。

 

そして今日、主人と一緒に

年金事務所へ

 

やさしい窓口対応で安心

年金事務所に到着

案内窓口で

「黄色の封筒が届いたんですけど」

というと、すぐに2階を案内してくれました

2階に上がり、窓口でもう一度言う

「黄色の封筒が届きまして」

 

用紙を渡されるので、

基礎年金番号と名前を書いて

5分ほど待ちました

 

滞納状況は?

H28年に8万円位

H29年は1年分まるまる約20万円!

H30年は6万円

 

職場を何回も変わり、そのたびに保険を作り直し

払ったり、払っていなかったり、

健康保険証を職場で作ってもらえなかったり、

いろんな状況の元、今に至ってる

 

とりあえず1ヶ月約20万円ほどの収入はあるが

どうしても生活費、子供の学費優先になってきた

 

いざ、対面!

担当者に呼ばれ部屋へ入る

仕切りがあるとはいえ、2組が同時に相談

まあ、自分の話をするので

他人の話を聞いてる場合じゃない

 

「お世話になります」

お手間をかけて、すみませんと

気持ちを込めてあいさつする

 

「封筒おもちですか?」

届いた黄色の封筒を差し出す

 

職員の方が基礎年金番号をパソコンに打ち込む

28年に何万、29年に何万、30年に何万・・・と

届いている振り込み書と金額を照らし合わせる

 

「H28年の分と、H30年の分は何とか支払えますが、

H29年の分はちょっと無理ですので

分割にしていただけたら・・・」

少しは保険料を払う意思をみせておく

 

『1年まるまるということは、お仕事されていない?』

 

「アルバイト程度・・・ですね」

 

『それでしたら免除申請をしましょう』

 

免除申請

担当者と話して

免除申請をすることになりました

H28,29,30年

3年分それぞれの免除申請書を記入し、

捺印しました

 

保険料を支払っていない

H28,29,30年度に

子供の年齢が16歳から19歳になっていた場合

扶養親族[16歳以上19歳未満]に関する申立書

記入し、捺印します

 

子供は私の扶養にいれているのですが

主人の免除申請に一役買ってくれることを

願います

 

あと免除申請には主人の離職票が必要とのこと

後に

ハローワークで1時間待って

離職票をもらいました

 

年金事務所で記入した

免除申請書、扶養親族申立書

離職票を封筒に入れ、

(封筒は年金事務所でもらう専用の封筒で

切手不要です)

ポストに投函しました

 

免除申請をしている間は

催告期間が止まるそうです

(取り立てが始まる時期が延びる)

 

本来なら来週にでも

全額支払わないといけない国民年金保険料

 

少しでも免除になればいいし、

無理な場合でも、そのあいだに手元に入るお給料を

支払いのために残しておける

 

気持ちが楽になりました

 

まとめ

特別催告状が届いたら

早めに年金事務所へ行きましょう

電話より、直接出向く方がいいです

 

出来れば本人が行く方がより望ましいです

細かいことを聞かれたとき、

本人しか答えられませんから・・・

夫婦で出向いたからか、

担当者の対応がやさしかったです

 

仕切り版の隣で話をしていた親子は

ご主人の滞納のことで

奥さんと奥さんのお母さんの2人だったのですが

職員が何度も

「ホントはご主人にお聞きし、

用紙に記入してもらうのですが・・・」と

 

「来るなら本人が来なさい」と遠回しに

言われていました

 

特別催告状(黄色の封筒)と印鑑を持参しましょう

 

担当者の方も鬼ではないので

事情を話せば

力になってくれますよ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です